ルール

北根室ランチウエイは国有林、町有地、民有地などの地権者の理解のもと
通行できるロングトレイルです。
未来に永続できるよう、ルールを定めました。

北根室ランチウエイは国有林、町有地、民有地などの地権者の理解のもと通行できるロングトレイルです。
未来に永続できるよう、ルールを定めました。

①地図に沿って通行しましょう
ルート上以外の牧草地や放牧地を近いからといってショートカットは慎んでください。特に酪農家の敷地内は、家畜伝染病の予防のため、畜主の許可なしに家畜に触れたり、近づいたりしないこと。西別岳周辺、摩周湖外輪山周辺はトレイルから外れると植物の踏みつけが起こります。登山道からずれないよう注意しましょう

②ゴミは持ち帰りましょう
弁当を包んだ紙やビニールなどはもちろんのこと、キャンプ場での残飯なども持ち帰りましょう。喫煙者は携帯用灰皿を持参することをおすすめします。ルート上で見つけたゴミも拾うよう心がけてください。

③動植物を大事にしましょう
トレイルで出会った草花や生き物はそっと見守るだけにしましょう。野生動物にエサなどを与えないでください。ルート上には熊の通り道が何本もあります。沢に入る前には所定の「熊よけ鈴」を鳴らしてあなたが近づいたことを知らせましょう。

④トイレは所定の場所で
ステージごとの中継点にはトイレがあります.できるだけ中継点で用を足しましょう。やむを得ない場合は適切な場所と方法で処理してください。近い方は携帯用トイレの持参をおすすめします。

⑤ゲート(マンパス)の締め忘れに注意しましょう
酪農家の放牧地を通行させていただいています。ゲートを閉め忘れることにより牛が逃げ出しますので厳守してください。

⑥ペットの持ち込み禁止
犬や猫を連れての通行は、放牧牛がペットの鳴き声でと逃走する恐れがありますのでご遠慮ください。

⑦酪農地帯の臭いは我慢してください
ルート上の放牧地には牛糞や馬糞があります。注意して通行ください。
酪農家は、春と秋に糞尿を牧草地に散布します。強烈な臭いのする時もありますが、農地を守るために必要なことですのでご理解ください。

⑧他人に配慮してください
他のハイカーや地元の人たちに配慮して行動してください。特に、地権者の酪農家に感謝の気持ちを忘れずに、会った時には挨拶をしてください。

⑨事前に情報を収集して計画を立ててください
通行にあたっては一切が自己責任となります。
道標は必要最低限にとどめております。安全のためにも事前にルートマップ、ガイド冊子を入手され、計画を練ってからの通行をするようにしてください。

⑩トレイル上の状況の連絡
標識の破損、川の増水、倒木、草の刈り取り状況、熊の目撃など、異常な状況がありましたらランチウエイ事務局に連絡ください。

⑪夜間通行の禁止
原則として日の出から日没まで。特に1,2,3,4ステージは酪農家の敷地内を通行します。酪農家の方に迷惑がかかると通行できなくなりますのでご配慮をお願いします。
このルールを守り、皆さんで協力しあって行動することが北根室ランチウエイを気持ちよく歩くことが出来ます。あなたの行動が、良い模範となるよう宜しくお願いします。

新着記事

北根室ランチウェイのイベント情報や体験レポートなどがご覧になれます。

  • 「白いモアン山を歩く」が開催されました(2018年2月11日)

    (一社)なかしべつ観光協会主催の標記事業が開催されました。 参加者33名、スタッフ11名。 みなさんお疲れさまでした。

    記事を読む

  • モアン山の今(2018年1月1日)その1

    毎年恒例になっている、元旦モアン山へ行ってきました。 それにしても、こんなに暖かく(プラス1℃)て雪が少ないのは初めてです。 川縁も全く凍っていませんでした。 雪のため、西別岳も、 武佐岳も見えなかったのは残念・・・。 とはいえ、登頂すればテンションは上がります。 着いた~!!!(笑) いつもの絶景、という訳には行きませんでしたが、元旦の太陽を見ることができました。 おわり

    記事を読む

  • モアン山季節限定コースの今(2017年12月9日)

    12月5日と8日の雪により、中標津はすっかり冬景色になってしまいました。 様子を見にモアン山へ行ってみると、すでにどなたかがスノーシューで歩いていました。   と、ここでスノーシューの踏み跡がなくなりました。 周囲を見回しても、足跡はありません。 先が長いので引き返したのでしょう。 それにしても、先日降ったばかりの雪はフワフワで全く締まっていません。 吹き溜まりには1m近くの積雪があった […]

    記事を読む

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。