ニュース

「ニュース」記事一覧

  • 注意!、ヒグマの活動が活発になっています

    最近、ヒグマの活動が活発になっています。 北根室ランチウェイのコースのすぐ近くでも数件の目撃情報が寄せられ、注意喚起の看板が町によって立てられています。 歩く際には、「ヒグマがいつ出てきてもおかしくない場所を歩いている」という自覚を持ち、自分の存在を教えるための笛や鈴などを必ず携帯してください。 また、クマ撃退スプレーの貸し出しもしていますので、心配な方は使用の検討してください。

    記事を読む

  • ニッポン10大トレイルのひとつに選ばれました!

    枻(えい)出版から『ニッポン10大トレイル』(シェルパ斉藤)が5月28日に発行され、そのうちのひとつに北根室ランチウェイが選ばれました^^)b   枻(えい)出版 https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/peaks-c-483909/

    記事を読む

  • 2019年 モアン山季節限定コース閉鎖のお知らせ

    モアン山牧場に牛たちが入りましたので、季節限定コース閉鎖しました。 11月上旬までは通年コースを楽しんでくださいね。

    記事を読む

  • 第4ステージ(モアン山通年コース)の整備を行いました。

    かねてより春の雪融け水による浸食によってトレイルの幅が狭くなり危険であったことと、刈り払い機の手刈り部分を解消するため、一部コースを変更し少し規模の大きな整備をしました。 今回、中標津町議会の後藤議長には土地管理者との交渉から作業まで大変お世話になりました。また、JA計根別さんの現場で働く皆さんにもお世話になりました。有難うございました。 新ルートとても気持ちのいい道です。ぜひ歩いてみてください。 […]

    記事を読む

  • 第1ステージのコース変更について[重要!]

    第1ステージ、中標津空港近くの桜井牧場にて一部コースの変更を行いましたのでお知らせします。   中央が桜井牧場さん。 右が空港方面で左が防風林方面です。 赤い線が新しい道で、青い点線が旧道ですのでお間違えないようにお願いします。     空港方面から歩いてくると桜井さんのお宅が見えてきます。 新道は左側に進みます。   看板はこんな感じです。   […]

    記事を読む

  • 第2・3ステージのコース変更について[重要!]

    2018年11月13日をもって第2ステージと第3ステージの一部のコースを変更し、看板を設置しました。 既存ルートの看板は撤去済みですので、この地図や道標に従って通行してください。   ↓第2ステージの新コースは大部分が防風林の中   ↓第3ステージの新コース(佐伯農場から養老牛方面へ進む際、横田牧場さんの手前から牧草地脇へ入ります)

    記事を読む

  • 平成30年秋、モアン山季節限定コースが開通しました!

    モアン山登山・牧場敷地内通行可能となりました! 春の放牧期まで様々な形で楽しめます。

    記事を読む

  • 注意!、ヒグマの活動が活発になっています

      雪が融け、ヒグマの活動が活発になっています。 北根室ランチウェイのコースのすぐ近くでもすでに数件の目撃情報が寄せられています。 「ヒグマがいる場所を歩いている」という自覚を持ち、笛や鈴などを携帯してください。 また、撃退スプレーの貸し出しもしていますので、心配な方は使用の検討してください。   熊撃退スプレーのレンタルと完歩証明について

    記事を読む

  • コース変更のお知らせ(第2ステージ)

      第2ステージ(開陽台~佐伯農場)の一部でコースの変更をおこないましたのでお知らせいたします。 2018年5月10日以降は新コースである青線部分(歩道等)の通行してください。      

    記事を読む

  • お知らせ!(第3ステージ)

    第3ステージ、横田牧場で飼われている大型のシェパード犬(名前:シェーン)がとても人懐っこいためハイカーについて養老牛温泉まで行ってしまうことがたびたびあるそうです。 もし、いつまでもついてきた場合には、面倒でも横田牧場内の犬小屋の鎖につないであげてください。 犬好きの方、よろしくお願いいたします m(_ _)m   北根室ランチウェイ・横田牧場   ※写真は先代のシェパードで、 […]

    記事を読む

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。