観光協会主催「KIRAWAYを歩こう!」開催 2回目第2ステージ

7/16(土)少し暑いですが雲ひとつない快晴

この日は町外、そして東京からのご参加も♪

3名の小学生と1名の中学生、その保護者の方々

昨日に引き続きご参加いただいたYさん。

さらにKIRAWAYスタッフとクマゴロンさんもお手伝いに駆けつけてくれました♪

絶景の開陽台駐車場に集合をし、準備運動をしてから出発!

伝染病防止の石灰を足の裏につけて

緑一色になった大地を歩きます♪この日はセミの抜け殻をたくさん見つけました♪

子供達もクマゴロン(白熊さん)も大興奮☆

手作りの橋を渡り、たくさんのマンパス(家畜を通さず、人間だけが通れるゲート)を越え

KIRAWAYを歩くための大切なルールも

皆さんしっかりと守って歩いてくれました(^^)

ゴールの牧舎までもうすぐ!

ゴール直前、「誰が1番先にゴールできるか?」と競争!

まだそんなに元気があったのね笑 クマゴロンも必死に追いかけます。お疲れ様でした。

最後に皆で一緒にレストラン牧舎のカッテージカレーを食べました。

たくさんのご参加ありがとうございました!

次回は違うステージに挑戦してみてくださいね♪

DSK_2813

「KIRAWAYを歩こう!」ツアーは8月上旬まで毎週末開催しております。

参加者募集中♪

北根室ランチウェイを歩こう!ツアー開催のお知らせ

周りにこの記事をシェアする

関連記事

今読んだ記事と関連のある記事をご覧になれます。

  • 第2ステージの今(2017年10月14日)その5

    防風林を抜けると、あとは牧草地のド真ん中をただひたすらに歩きます。 あ、たまに牛さんの落とし物があるので、足元注意でお願いします(^_^;) ゴール! お疲れ様でした。 いや~最高のウォーキング日和でした。満足^^ ちょうどお昼時にゴールだったので、お昼ごはんはレストラン牧舎でポテトグラタンをいただきました!^-^)ンマイ! おわり

    記事を読む

  • 第2ステージの今(2017年10月14日)その4

    砂利道を歩き、交差点様十字路で左へ曲がって、丁字路右に曲がると保科牧場さんです。 ここで再び足裏を消毒し、一休み。。。 ここから先はこの写真の左手へ進みます。 ここで保科さんのご自宅方面や砂利道をそのまま進んでしまう方もいたと聞いています。 間違えやすいようですが、看板やサインはしっかりありますので探してみてくださいね。 さて、出発後はカラマツ林の中を歩き、旧道に出たら右に曲がります。 &nbsp […]

    記事を読む

  • 第2ステージの今(2017年10月14日)その3

    牧場の丘に登った後は、しばらく平地が続き、その後このカラマツ林と、 2本の小さな沢を越えます。 そして、林の中から出て眼前に広がる景色がこちら。 この辺りに休憩場所があります。 気持ちが良いからと言って牧草地には絶対に入らないようにお願いします。 その後、舗装道路を少しだけ歩き、   砂利道と牧草地の間の道に入ります。   砂利道は農作業のための車両が頻繁に通るので、この道が設 […]

    記事を読む

  • 第2ステージの今(2017年10月14日)その2

    開陽台直下の休憩所とトイレを通過し、道路に沿って続くトレイルを進みます。 その先にあるのは、第2ステージで最初のマンパスです。 よいしょっと。 ふと横を見ると・・・、この牛さん首のあたりが痒かったようです(^o^) 更に進んで、飛び石橋に架かる歩み板を渡ります。 ・・・ん?、トレランの時と場所がちょっと変わってますね。 まあ、特に問題はありません。水量が少なければこの歩み板に拘ることもありません。 […]

    記事を読む

  • 第2ステージの今(2017年10月14日)その1

    快晴! これ以上ないくらいのウォーキング日和でした^^ 開陽台の駐車場から下の舗装道路まではおよそ10分程です。 下には休憩所があるし、季節限定ですがトイレもあるので、気持ちの良い日はKIRAWAYちょっとだけ体験するのもアリかと思います。 意外と穴場なのですよ^^ つづく

    記事を読む

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。