観光協会主催「KIRAWAYを歩こう!」開催 2回目第2ステージ

7/16(土)少し暑いですが雲ひとつない快晴

この日は町外、そして東京からのご参加も♪

3名の小学生と1名の中学生、その保護者の方々

昨日に引き続きご参加いただいたYさん。

さらにKIRAWAYスタッフとクマゴロンさんもお手伝いに駆けつけてくれました♪

絶景の開陽台駐車場に集合をし、準備運動をしてから出発!

伝染病防止の石灰を足の裏につけて

緑一色になった大地を歩きます♪この日はセミの抜け殻をたくさん見つけました♪

子供達もクマゴロン(白熊さん)も大興奮☆

手作りの橋を渡り、たくさんのマンパス(家畜を通さず、人間だけが通れるゲート)を越え

KIRAWAYを歩くための大切なルールも

皆さんしっかりと守って歩いてくれました(^^)

ゴールの牧舎までもうすぐ!

ゴール直前、「誰が1番先にゴールできるか?」と競争!

まだそんなに元気があったのね笑 クマゴロンも必死に追いかけます。お疲れ様でした。

最後に皆で一緒にレストラン牧舎のカッテージカレーを食べました。

たくさんのご参加ありがとうございました!

次回は違うステージに挑戦してみてくださいね♪

DSK_2813

「KIRAWAYを歩こう!」ツアーは8月上旬まで毎週末開催しております。

参加者募集中♪

北根室ランチウェイを歩こう!ツアー開催のお知らせ

周りにこの記事をシェアする

関連記事

今読んだ記事と関連のある記事をご覧になれます。

  • 第2ステージの今(2017年8月20日)

    中標津では久々に青空が広がった週末に、第2ステージの一部をお散歩がてらにパトロール。 清々しい青空が本当に気持ちよかったです^^ お!、コエゾゼミの抜け殻! と思ったら道標には羽化したコエゾゼミがスタンバッていました。 キレイな花もたくさん咲いています^^ キツイ登りを経て、振り返ってみた開陽台。 コクワ(サルナシ)の実 霜が降りる頃に食べ頃となります。 本日はここまで! ここから開陽台へ戻ると往 […]

    記事を読む

  • 2017年8月6日の第2ステージ

    KIRAWAYを応援する会の東京グループのみなさんと第2ステージを歩いてきました。 朝方は曇りでしたが、スタートする頃には予報になはかった青空が広がり、歩くには最高のお天気になりました^^)v とにかく眺めも素晴らしい! そして、道端にはヤナギランがたくさん咲いていました。 みなさん第2ステージを満喫できたようでなによりでした。  

    記事を読む

  • 観光協会主催「KIRAWAYを歩こう!」開催 7回目第3ステージ

    7/30 KIRAWAYを歩こう! 第3ステージ この日の参加者は 釧路市から2名、中標津町から3名、標津町から1名、別海町から1名 合計7名様をご案内(2名がリピーターの方)♪ さらに今回は企業研修として2名の町内で働く学校の先生も一緒に歩いてくれました(^^) 70代~20代まで様々な年齢、職業の方々。 歩くツアーを通じて、皆さん色んなお話をして楽しんでいました♪ 早速、レストラン牧舎がある佐 […]

    記事を読む

  • 観光協会主催「KIRAWAYを歩こう!」開催 6回目第2ステージ

    KIRAWAYを歩こう! 7/29第3ステージ 今週も雨予報でドキドキしていましたが、 先週も参加していただいた「晴れ女」Tさんが今回もご参加いただき・・・ さすがTさん!!雨が上がりましたよ♪♪ 鶴居村から3名様、中標津町から2名のご夫婦、そして1回目第1ステージもご参加いただいた別海町のSさん、合計6名様にご参加いただきました♪ 今回は撮影スタッフおらず、たくさん写真が撮れませんでした・・・ご […]

    記事を読む

  • 観光協会主催「KIRAWAYを歩こう!」開催 5回目第3ステージ

    7月23日(日)この日も雨予報でしたが、 昨日は予報に反して晴れ間もあったので、 本日も晴れる!と信じて開催。 この日の参加者は1名様のみでしがた、 KIRAWAYスタッフの皆様や、関係者の方が一緒に歩いてくれました♪ さっそく、手作りの橋を渡り「荒川」を超えます。 ここは北根室ランチウェイのポスターにもなっている場所です。 2本の大きなサイロが大酪農地帯を感じさせ、KIRAWAYらしい風景ですね […]

    記事を読む

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。