西別岳[ステージ5]の今(2017年6月30日)その1

久しぶりに西別岳に登ってきました。


スタートからおよそ10分で「うぐいす谷」。
ここでは名前のとおりしっかりホーホケキョ!を聞くことができました。

さらに約10分で、いよいよ「がまん坂」です。

キツイ登りですが、足元の花を慰めに頑張ります。

(アヤメ)

(チシマフウロ)

それと、一歩登るたびに景色が良くなります。
振り返って景色を楽しむことをお忘れなく。

(オオカサモチ)

第4ステージでおなじみ(?)のモアン山と、その手前にはポンモアンが見えました。

中標津町のシンボル的な山である「武佐岳」(一番奥の山)もしっかり見えました。

まだ登りはありますが、ここまでくればホッと一息(^0^)-3、ですね。

つづく

周りにこの記事をシェアする

関連記事

今読んだ記事と関連のある記事をご覧になれます。

  • 第4回北根室ランチウェイロングトレイルランツアーinなかしべつ その8(2017.9.9)

    その後、みなさん続々と摩周第1展望台へと到着しました。 「お疲れ様で~す!」とクマゴロンがお出迎え。 摩周岳に行っていた先頭集団も到着~^^   ここのエイドでしっかり休憩し、残るは第6ステージに備えます。   では、点呼を取って行きましょうか!   第6ステージの入口は道路脇。 車には気を付けてくださいね。 では、いってらっしゃ~い( ^^)/   つづく […]

    記事を読む

  • 第4回北根室ランチウェイロングトレイルランツアーinなかしべつ その7(2017.9.9)

    先頭集団を見送り、「ここで撮ってもダメだ。時間もないしちょっと下ろうか」ということでほんの少し降りたところ、広がる雲海にビックリ! 西別岳では初めて見ました!!!   と、感動しているうちに、後続集団がやってきました。   雲海を見ていた時には頂上付近も晴れていたので、みなさんと一緒に再び西別岳の頂上に立つと・・・、あら、ガスってた(T_T)   第2グループも頂上で […]

    記事を読む

  • 第4回北根室ランチウェイロングトレイルランツアーinなかしべつ その6(2017.9.9)

    昼食を摂り、いざ西別岳を目指します。 西別岳名物「がまん坂」です。 ・・・が、走って登っちゃうんですねえ(^_^;) 振り返ってみたところ。 ここは一歩頑張れば素晴らしい景色を見ることができるというご褒美があるのです。 西別岳頂上の前にリスケ山へ。 雲海の向こうに摩周岳が顔を出していました。 では、西別岳へ! 一方、待ち伏せしていた写真班も頂上へひと足先に到着! ただ、頂上はガスで真っ白・・・ 待 […]

    記事を読む

  • 西別岳[ステージ5]の今(2017年6月30日)その4

    西別岳の次に向かったのは第2のピークであるリスケ山。 ここからの眺めもまた良いのです^^ こちらは反対方向。 こんなポーズを取ってみたりするのも楽しいものです。 さらに、奥の北西別岳へ向かいます。 およそ10分で到着です。 近っ! ここからは、リスケ山と西別岳のピークと、ヌーウシベツ岳、摩周岳分岐、摩周岳、摩周湖外輪山など、よく知っている場所が一望できることを知り、ちょっと感動的でした。 北西別岳 […]

    記事を読む

  • 西別岳[ステージ5]の今(2017年6月30日)その3

    そろそろ頂上も間近となりました。 今日はどちらを向いても良い眺め^^ さらに、“山の花”西別岳の今時期を代表するエゾツツジもキレイに咲いていました。 さらにエッサエッサと歩き、目指すは頂上。 フト振り返って見ても絶景絶景! 写真左奥には武佐岳が見えます。 で、 到着ですーヽ(‘ ∇’ )ノバンザーイ! こちらに進むと、ヌーウシベツ山、摩周岳方面になります。 しばし歓談後、 […]

    記事を読む

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。