2020年3月15日のモアン山

2月15日に開催された「第4回 Mt.Moanスノーシューレース in なかしべつ」から1ヶ月。
その間にドカ雪と春の大雨があり、はてさてモアン山は一体どのようになっているのか見てきました。

雪の量は結局のところ…、1ヶ月前とほとんど変わっていませんでした。
ただ、雨が降った後に冷え込んだりしたので、本日は堅雪になっており、スノーシューは必要ありませんでした。
なお、山頂直前の急斜面は滑るので、チェーンスパイクを使いました。


↑1ヶ月前に付けたレースの時のサインが残っていました。


ど、泥の河!?
おそらく先日の大雨の時に泥が大量に流されてできたのでしょう。

さて、ここからややキツめの登り。

晴れていれば西別岳、摩周岳が見えるのですが、今日は残念。。。

頂上までもう少し!

あ!、虫が!、と思ったらクモガタガガンボでした。

モアン山、まだまだ楽しめそうです。

周りにこの記事をシェアする

関連記事

今読んだ記事と関連のある記事をご覧になれます。

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。