モアン山コースの今

11/26(月)第4ステージ内にある

冬季期間限定で歩くことができるモアン山コースの様子をお伝えします。

この日中標津町の天気予報は晴れ!

ですが、養老牛地区(モアン山周辺)は曇りときどき雪。

同じ中標津町内でも場所によって天気が違うことがあるので要注意です。

 

今回は第4ステージの地図№48からスタート

№48→№45まで行き、そこからモアン山コース(青い点線)を歩き青い小屋を目指します。

歩く際には必ず地図を持って、事前にルートを確認してから歩いてください。

 

早速スタート<№48>

若干雪はありますが登山靴で歩けます。

靴が濡れることは覚悟して歩いてください。

 

№45モアン山コース分岐

画像にある看板が目印です。

左側が通常コース。夏季はここにバラ線があり入ることができませんが

今はこのように開放されています。

ここからモアン山に向けて一本道が見えるので道沿いに歩きます。

地面は場所によって凍っており、硬く滑りやすいので気をつけて登ってください。

約30分ほど登りが続きます。

振り返ると絶景が広がっているので休憩しつつ後ろの景色を楽しんでください。

頂上に到着!360度絶景です!

モアン山を下り、さらに丘を超えます。

先に続く一本道が美しいですね。

途中にはこのような小さな川を渡る橋があります。

先に青い小屋(画像左上)が見えてきました。

「広大な草原に青い小屋」まるでおとぎ話のような景色です。

今回はこの青い小屋がゴールです。

スタートから2時間で青い小屋へ到着しました。

道のりは約4.5kmです。

雪が根雪になれば真っ白な世界が広がるこのモアン山コース

4月下旬までの期間限定コースを是非歩いてみてください。

※歩く際には必ず地図をもち、ルールを守り、万全の準備で歩いてください。

 

 

 

周りにこの記事をシェアする

関連記事

今読んだ記事と関連のある記事をご覧になれます。

  • 2020年3月15日のモアン山

    2月15日に開催された「第4回 Mt.Moanスノーシューレース in なかしべつ」から1ヶ月。 その間にドカ雪と春の大雨があり、はてさてモアン山は一体どのようになっているのか見てきました。 雪の量は結局のところ…、1ヶ月前とほとんど変わっていませんでした。 ただ、雨が降った後に冷え込んだりしたので、本日は堅雪になっており、スノーシューは必要ありませんでした。 なお、山頂直前の急斜面は滑るので、チ […]

    記事を読む

  • 「第4回Mt.Moanスノーシューレース in なかしべつ」が終了しました

    2月15日(土)に開催された、「第4回Mt.Moanスノーシューレース in なかしべつ」は申し分ない天候の下、無事に終了しました。 今回のレース参加者は39名、そしてスノーシュー体験の参加者数は6名と過去最高でした。 レース直前には、中標津町を拠点に活動するReggae Deejay バッファローソルジャー(KOUTA-LOW×MUSA-C)が登場!! 彼らはご当地ラップ選手権で全国2位の実力者 […]

    記事を読む

  • 令和元年度 モアン山季節限定(登山道)コースが開通しました!

    本日からモアン山登山・牧場敷地内通行可能となりました! 春の放牧時期まで様々な形でお楽みください。 なお、11月上旬だけカラマツの黄葉が楽しめますよ♪

    記事を読む

  • 2019年 モアン山季節限定コース閉鎖のお知らせ

    モアン山牧場に牛たちが入りましたので、季節限定コース閉鎖しました。 11月上旬までは通年コースを楽しんでくださいね。

    記事を読む

  • 第4ステージ(モアン山通年コース)の整備を行いました。

    かねてより春の雪融け水による浸食によってトレイルの幅が狭くなり危険であったことと、刈り払い機の手刈り部分を解消するため、一部コースを変更し少し規模の大きな整備をしました。 今回、中標津町議会の後藤議長には土地管理者との交渉から作業まで大変お世話になりました。また、JA計根別さんの現場で働く皆さんにもお世話になりました。有難うございました。 新ルートとても気持ちのいい道です。ぜひ歩いてみてください。 […]

    記事を読む

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。