KIRAWAYを歩こう!7月中旬~8月上旬ツアー開催のお知らせ

7月15日(土)~8月6日(日)まで

毎週末開催される「KIRAWAYを歩こうツアー」

全9回に分けて第1ステージ~第3ステージを楽しめます。

参加費はどのステージも2,500円!(保険・各特典・スタート地点までの送迎込み)

  • 第1ステージ(中標津交通センター~開陽台 14.8km) 所要時間約4時間

開催日:2017年7月15日(土) AM8:30開陽台スタート

14.8kmの道のりを所要時間約4時間かけて、中標津町の市街地を抜けて空港を通り、

格子状防風林を抜け、330度地平線が見える開陽台展望館を目指します。

ゴールの開陽台では、大人気のはちみつソフトクリームをプレゼント!

また、北根室ランチウェイの記念品もご用意いたします。

  • 第2ステージ(開陽台~レストラン牧舎 9.9km) 所要時間約3時間30分

開催日:2017年7月16日(日)、7月22日(土)、7月29日(土)、8月5日(土)

AM9:00絶景の開陽台をスタートし、中標津町の基幹産業である大酪農地帯を歩きます。

普段は立ち入ることができない酪農家さんの私有地をお借りして歩きます。

北根室ランチウェイを歩くためのルールや楽しみ方を一緒に学んで歩きましょう!

ゴールのレストラン牧舎では愛情たっぷりのカッテージカレーをランチを食べれます♪

  • 第3ステージ(レストラン牧舎~養老牛温泉 8.9km) 所要時間約3時間 

開催日:7月17(月祝)、7月23日(日)、7月30日(日)、8月6日(日)

AM9:00レストラン牧舎をスタートし、いくつかの農家さんを通り、川を渡り、道中にある可愛い看板を探しながら

養老牛温泉を目指します。

ゴールではホテル養老牛さんで入浴ができますので、川のせせらぎを聞きながらゆっくり養老牛温泉をお楽しみ

ください♪

 

集合時間やお申込、お問い合わせはこちらまで。

なかしべつ観光協会

 TEL:0153-77-9733

 FAX:0153-77-9422

 MAIL: kankou@kaiyoudai.jp

 

周りにこの記事をシェアする

関連記事

今読んだ記事と関連のある記事をご覧になれます。

  • コース変更のお知らせ(第2ステージ)

      第2ステージ(開陽台~佐伯農場)の一部でコースの変更をおこないましたのでお知らせいたします。 2018年5月10日以降は新コースである青線部分(歩道等)の通行してください。      

    記事を読む

  • 第2ステージの今(2018年4月22日)その2

    舗装道路から牧草地、砂利道を歩きます。 いずれも問題なしでした。 道中で見かけたヤナギの花。 こういうものを探しながら歩くのも楽しいものです。   保科牧場さんの消毒小屋。 消石灰がたっぷり入れていありました。保科さんありがとうございます! この後は左手にある牛舎側を進みます。お間違えの無いように。   北根室…ンチウェイ(^^; こういうのが結構目立つようになってきました。 […]

    記事を読む

  • 第2ステージの今(2018年4月22日)その1

    今回は第2ステージの「春の点検ウォーク」に行ってきました。 消毒小屋の点検、KIRAWAYテープを付け替えたり、落ちた枝や倒木を道からよけたりします。   たまにこんな倒木があったりします。 規模が大きなものは後日処理をすることになります。   まだ雪が残っていたりします。   クマよけの鐘の支柱には・・・、   コエゾゼミの抜け殻がありました。 一冬越えた […]

    記事を読む

  • 第1ステージの今(2018年4月14日)

    今年の冬は雪が少なかったので、昨年以上に雪融けが早いです。 そろそろ歩きやすい季節を迎えるので道の点検とテープ付け替えのため、まずは第1ステージを歩いてみました。   もうほとんど雪はありません。 しかし、日当たりの悪い場所ではまだ地下凍結が残っていて、たまに踏み抜いたり、滑ったりすることがあります。   凍っていたカエルの卵です(^^;     &nbsp […]

    記事を読む

  • 「白いモアン山を歩く」が開催されました(2018年2月11日)

    (一社)なかしべつ観光協会主催の標記事業が開催されました。 参加者33名、スタッフ11名。 みなさんお疲れさまでした。

    記事を読む

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。