KIRAWAYを歩こう!7月中旬~8月上旬ツアー開催のお知らせ

7月15日(土)~8月6日(日)まで

毎週末開催される「KIRAWAYを歩こうツアー」

全9回に分けて第1ステージ~第3ステージを楽しめます。

参加費はどのステージも2,500円!(保険・各特典・スタート地点までの送迎込み)

  • 第1ステージ(中標津交通センター~開陽台 14.8km) 所要時間約4時間

開催日:2017年7月15日(土) AM8:30開陽台スタート

14.8kmの道のりを所要時間約4時間かけて、中標津町の市街地を抜けて空港を通り、

格子状防風林を抜け、330度地平線が見える開陽台展望館を目指します。

ゴールの開陽台では、大人気のはちみつソフトクリームをプレゼント!

また、北根室ランチウェイの記念品もご用意いたします。

  • 第2ステージ(開陽台~レストラン牧舎 9.9km) 所要時間約3時間30分

開催日:2017年7月16日(日)、7月22日(土)、7月29日(土)、8月5日(土)

AM9:00絶景の開陽台をスタートし、中標津町の基幹産業である大酪農地帯を歩きます。

普段は立ち入ることができない酪農家さんの私有地をお借りして歩きます。

北根室ランチウェイを歩くためのルールや楽しみ方を一緒に学んで歩きましょう!

ゴールのレストラン牧舎では愛情たっぷりのカッテージカレーをランチを食べれます♪

  • 第3ステージ(レストラン牧舎~養老牛温泉 8.9km) 所要時間約3時間 

開催日:7月17(月祝)、7月23日(日)、7月30日(日)、8月6日(日)

AM9:00レストラン牧舎をスタートし、いくつかの農家さんを通り、川を渡り、道中にある可愛い看板を探しながら

養老牛温泉を目指します。

ゴールではホテル養老牛さんで入浴ができますので、川のせせらぎを聞きながらゆっくり養老牛温泉をお楽しみ

ください♪

 

集合時間やお申込、お問い合わせはこちらまで。

なかしべつ観光協会

 TEL:0153-77-9733

 FAX:0153-77-9422

 MAIL: kankou@kaiyoudai.jp

 

周りにこの記事をシェアする

関連記事

今読んだ記事と関連のある記事をご覧になれます。

  • 開陽台直下の休憩所とトイレを通過し、道路に沿って続くトレイルを進みます。 その先にあるのは、第2ステージで最初のマンパスです。 よいしょっと。 ふと横を見ると・・・、この牛さん首のあたりが痒かったようです(^o^) 更に進んで、飛び石橋に架かる歩み板を渡ります。 ・・・ん?、トレランの時と場所がちょっと変わってますね。 まあ、特に問題はありません。水量が少なければこの歩み板に拘ることもありません。 […]

    記事を読む

  • 第2ステージの今(2017年10月14日)その1

    快晴! これ以上ないくらいのウォーキング日和でした^^ 開陽台の駐車場から下の舗装道路まではおよそ10分程です。 下には休憩所があるし、季節限定ですがトイレもあるので、気持ちの良い日はKIRAWAYちょっとだけ体験するのもアリかと思います。 意外と穴場なのですよ^^ つづく

    記事を読む

  • 第4回北根室ランチウェイロングトレイルランツアーinなかしべつ その14(2017.9.10)

    さあ、いよいよ最後のステージへ出発です!   ここで写真班は早速先回りをし、開陽台牧場内の遊歩道を駆け降りるみなさんを狙います。   マンパスを越え、   川を渡り、 ここで写真班はまたまた先回りです。   しばらく待つと・・・、みなさん舗装道路に出ました。   その後、峰松さんの牧草地内を通り、   砂利道を進みます。 保科牧場さんのエ […]

    記事を読む

  • 第4回北根室ランチウェイロングトレイルランツアーinなかしべつ その13(2017.9.10)

    雨が一番ひどかった開陽墓園のエイド。 ここでしばし休憩し、 開陽台に着く頃には雨があがると信じ、さー出発です。 写真班はここから先回りして待ち伏せです。   第1ステージの特徴のひとつ。 長くて真っすぐな砂利道。   ミルクロードを横切り、もう少し進むと開陽台に到着です。 最後の登り、頑張ってくださいね~。   ほどなくして、開陽台の駐車場に先頭集団が到着しました。 […]

    記事を読む

  • 第4回北根室ランチウェイロングトレイルランツアーinなかしべつ その12(2017.9.10)

    中標津空港の旧滑走路に到着~。 飛行場ということで、皆さんには毎回飛行機になっていただいてます(^^ゞ   空港のエイド   だんだん雨が強くなってきちゃいました(>_<)   雨ニモマケズ、さー先に進みます。 ここから先、写真班はついてゆけないので、先回りします。   防風林の中の一本道を走る皆さん。   虫除けをシュー!っとして、 […]

    記事を読む

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。