モアン山季節限定コースの今(2017年12月9日)

12月5日と8日の雪により、中標津はすっかり冬景色になってしまいました。

様子を見にモアン山へ行ってみると、すでにどなたかがスノーシューで歩いていました。

 

と、ここでスノーシューの踏み跡がなくなりました。

周囲を見回しても、足跡はありません。
先が長いので引き返したのでしょう。

それにしても、先日降ったばかりの雪はフワフワで全く締まっていません。
吹き溜まりには1m近くの積雪があったりして、このまま一人でラッセルしながらだとモアン山頂まではかなり時間がかかるようなので、急遽、今日はポンモアン山に登ることにしました。

途中で撮った写真です。

ここは風が強いのでキレイに風紋ができていました。
それと、エゾシカとエゾユキウサギの足跡も見ることができました。

途中、振り返ったところ。

 

そして、登ること約10数分で。。。

ポンモアン山頂に到着!
まだ、だ~れも歩いていないモアン山です。
明日にでも誰かが登るのでしょうね。

 

反対側の西別岳方面。

ズームアップしてみると、、、登山道がしっかり見えています。

カンジウシ川のキラキラもイイ感じ^^

とっても気持ちの良いお散歩でした。

 

おわり

周りにこの記事をシェアする

関連記事

今読んだ記事と関連のある記事をご覧になれます。

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。