平成29年秋、モアン山の登山道についてのお知らせ

本日から、モアン山通年コースからモアン山への登山道が登れるようになりました。

さらに、今日は新道の開削作業をおこない、無事開通したのでお知らせします。

以下は今日の様子です。

↓モアン山。うっすら雪がかかっていました。

 

奥に見える「風の見える丘」も薄化粧状態。
とうとう、冬がやってきたという感じです。

 

では、行きましょうか。

 

ふう、最後のマンパスに到着~。

今回は新道をつけるので、少々打ち合わせをして、

まずは手刈りからスタート!

 

「チクショー、雪のせいで重たい~!」
うっすらつもっている様にしか見えない雪ですが、この重みで体力が削られていきます。

 

写真班は一足先に頂上に到着~。
おお~、半年ぶりです^^

 

手刈りの後は草刈り機でさらに刈り込みます。

 

そして、陽が射してきて、カラマツや山が輝きだした頃、登って来る方が!(0_0)

 

不思議に思って「すごいタイミングですね!」と挨拶したところ、先日からマンサードホールに宿泊されている方で、佐伯会長からモアン山の草刈りをしていることを聞いていたとのこと。
成程、ナットクです。

 

頂上到着~!

 

絶景絶景^^

 

帰り道も良い眺めです。

 

2台の草刈り機で仕上げをして、今年の登山道整備が無事終了しました。

なお、
まだ、「季節限定コース」(赤い点線)は通れません。
あくまで「通年コース」(青線)の途中からの登山となりますのでご注意ください。

 

周りにこの記事をシェアする

関連記事

今読んだ記事と関連のある記事をご覧になれます。

  • 「ニッポンぶらり鉄道旅 紅葉SP]が放映されます

    釧網本線JR美留和駅に起点・終点を設定している北根室ランチウェイ(通称KIRAWAY)がTVで紹介されます。 放送日時は、 2017年11月23日(木・祝) 夜7時30分~9時。 NHK BSプレミアム(BS3)で放送予定。 釧網本線(北海道)、陸羽東線(宮城・山形)、叡山電鉄(京都)の、 3路線を訪ねる旅になっています。 KIRAWAYを訪れたのは、くみっきー(舟山久美子さん)。 一体どんなこと […]

    記事を読む

  • 第6ステージの今(2017年10月28日)その1

    待ちあわせ場所である美留和駅に向かう途中に撮った、第3ステージと、第4ステージ(モアン山付近)です。 すっかり晩秋の様相です。 曇天中標津のがちょっと残念。 つづく

    記事を読む

  • 青い小屋付近の星空

    KIRAWAYは夜歩くことはできませんが、先日車で第4ステージのモアン山コースにある、JA計根別さんの青い小屋付近を通りがかった際、あまりに星が綺麗だったので写真を撮ってみました。 月が沈んでいたり、新月もしくは三日月などの細い状態でなければなりませんが、KIRAWAYの道中で宿泊することがあれば、ちょっと街灯の光の届かないところで空を見上げてみてください。 もしかするとこんな満天の星空を目にする […]

    記事を読む

  • 第4回北根室ランチウェイロングトレイルランツアーinなかしべつ その5(2017.9.9)

    第3エイドを出発したらケネカ湿原へ向かいます。 いってらっしゃ~い^^ ここも一緒に走っていくことはできないので先回り。 ただ、次のエイドポイントまで3㎞程しかないので、エイド担当も急ぎます。   移動し、エイド設置が終わるかどうか、というところで、見えた! なんだかエイドポイントばかりのようですが、次のエイドまでは約7㎞。 西別岳の山小屋まで砂利道をひた走ります。   まつこ […]

    記事を読む

  • クマ鈴、クマ笛は必携!

    この写真は、先日Stage4のモアン山通年コースにおいて、KIRAWEAY3回目の札幌のSさんが撮影したものです。 KIRAWAYのルートは、ヒグマの生息地に道が設定されています。 「基本的にヒグマの居る場所を歩く」ということを念頭に置き、鈴や笛で人が森の中に居るという事を熊に知らせましょう。 また、熊撃退スプレーを持っているのであれば持参をお願いします。 近いうちに熊撃退スプレーのレンタル制度を […]

    記事を読む

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。