オフィシャル

北根室の広大な牧場地帯を通る全長71.4kmのロングトレイル

新着記事

  • 第1ステージの今(2018年4月14日)

    今年の冬は雪が少なかったので、昨年以上に雪融けが早いです。 そろそろ歩きやすい季節を迎えるので道の点検とテープ付け替えのため、まずは第1ステージを歩いてみました。   もうほとんど雪はありません。 しかし、日当たりの悪い場所ではまだ地下凍結が残っていて、たまに踏み抜いたり、滑ったりすることがあります。   凍っていたカエルの卵です(^^;     &nbsp […]

    記事を読む

  • 「白いモアン山を歩く」が開催されました(2018年2月11日)

    (一社)なかしべつ観光協会主催の標記事業が開催されました。 参加者33名、スタッフ11名。 みなさんお疲れさまでした。

    記事を読む

  • モアン山の今(2018年1月1日)その1

    毎年恒例になっている、元旦モアン山へ行ってきました。 それにしても、こんなに暖かく(プラス1℃)て雪が少ないのは初めてです。 川縁も全く凍っていませんでした。 雪のため、西別岳も、 武佐岳も見えなかったのは残念・・・。 とはいえ、登頂すればテンションは上がります。 着いた~!!!(笑) いつもの絶景、という訳には行きませんでしたが、元旦の太陽を見ることができました。 おわり

    記事を読む

北根室ランチウェイについて

北根室ランチウェイは、中標津から北根室まで続く広大な牧場地帯(ランチ)を通り、 摩周湖を周る全長71.4kmのロングトレイル(長距離自然歩道)です。 現代には珍しいただ歩くための道で、牧草地が地平線の向こうまで広がっています。 71.4kmの道はそれぞれ1~6のstageに分かれており、それぞれ違った特徴を持っているのは長い道ならでは。
もちろん春夏秋冬で楽しみ方も変わってきます。
夏は満天の星、冬は温泉、1人でひたすら歩くも良いし、家族でゆっくり歩くも良し。
北根室ランチウェイは訪れる人の数だけ楽しみ方があります。

さわやかな疲労感、これが歩く旅に目覚めた人たちの感想です。
飛行機を降りたら、その足ですぐに歩きだすことができる。なだらかな丘を越えて、満点の星空を眺めたっていい。
少し疲れたらゆっくりと牛を眺めたり。
健康のためのジョギングでもなく、山登りでもない、ロングトレイル特有の感覚は、歩き出してみて初めて分かる体験です。
ぜひあなたも、遊びに来てくださいね。

北根室ランチウェイではオウンリスクが原則です。

ゆったしとした時間が流れ、なだらかな道が続く北根室ランチウェイですが、他のアウトドアレジャー同様に危険が付き物です。
装備の不備や食糧の不足が不慮の事故につながることもありますので、
・悪天候の条件下にも耐えられる安全な装備を揃える。
・地図を携帯して常に現在地を把握しながら道に迷わないようにする。
・技術、体力、経験に応じた無理のない計画で歩くなど、
自分のことは自分で守れるようにしてからロングトレイルを楽しみましょう。
必要な装備やステージごとのマップは「安全なハイキングを楽しむために」から必ず確認してください。